calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

Profile

hagacube
管理人:hagacube
このブログでは、劇場公開時に観た映画、DVD、オンデマンド動画などの映像作品を中心に、音楽の新譜/旧譜、スポーツなどエンターテインメント全般について、複数ライターが極私的な見解を書いています。
◆Twitterはこちら⇒ hagacubeをフォローしましょう

selected entries

categories

archives

Ranking

        

recent comment

recent trackback

すいかエンタ!について。

記事にはネタバレを含むものもありますので、未見の作品や各スポーツなどについて、先に結果などを知りたくない方はご注意ください。

当ブログの運営はSuika Cube Inc.が行っています。
■自由な発想でデジタルコンテンツをプロデュース | Suika Cube Inc.

インセプション
Inception

1920x1200_09_curlingCity.jpg

ディカプリオと渡辺謙の競演でも話題を呼んだ大作が早くも来月初旬にDVD発売となるのでレビューしとこうかなということで「インセプション」、これが単なる娯楽大作かと思うとなかなか難解な映画。

ストーリーは夢を見ている人間が夢の中で夢をみたら…、その夢のなかでまた夢をみたら…、という入れ子構造の夢の取り扱いを基本として進行する。ディカプリオらは他人の夢の中に独自の設定を構築し、他人の夢の中で自分たちが夢をみることでさまざまな情報を抜き出すことを職業としている。他人の夢の中はその人の潜在意識が構築しているので、そこで勝手に夢をみることは、不安定な土台の上に家を建ててそこで寝るようなもの。その不安定さが話を盛り上げていくわけだ。

映像は凄い。技術的には最高レベルの映像が楽しめる。撮影もスキがなくスタイリッシュでアグレッシブなカットがバンバン目に飛び込んでくる。VFXも街自体がぐにゃ〜っと曲がって折りたたまれるという予告でもおなじみのシーンを筆頭に、列車のストリート暴走、雪山での銃撃戦、海岸沿いの超高層ビル崩壊など、目を見張るシーンも多い。 クリストファー・ノーラン監督+豪華キャスト+金のかかった映像。こういう作品はやっぱり映画館でみるべき!だと思う。

【以降ネタバレ】
冒頭で「難解」といったのは哲学的だとかそういうことではなく、話がしっかりとオチてないのでいかようにも解釈できてしまうために、観客全員がそれぞれ深読みしすぎる傾向があるということ。虚無の設定について脚本的に苦しい場面もあるし、特に話題になったラストシーンは現実なのか夢なのか?という問題については今でも意見が割れている。最近はマイケル・ケインのインタビューが重要視されているようで、マイケル曰く「教授が夢を作ったのだから教授が存在しているシーンが現実。なのでラストシーンはのちにコマが倒れハッピーエンドで映画は終わる」というもの。これを拡大解釈すれば主人公のトラウマ治療も含めた意味でストーリー全体がインセプションなのだろう。これが正解な気もする。

<Raiting>
DVDでじっくり鑑賞して自分なりに謎解きするのも楽しいと思う。そんなに派手じゃないけどジワジワくる面白さがある。


<Trailer>


あー
テーマ:映画館で観た映画


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック