calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

Profile

hagacube
管理人:hagacube
このブログでは、劇場公開時に観た映画、DVD、オンデマンド動画などの映像作品を中心に、音楽の新譜/旧譜、スポーツなどエンターテインメント全般について、複数ライターが極私的な見解を書いています。
◆Twitterはこちら⇒ hagacubeをフォローしましょう

selected entries

categories

archives

Ranking

        

recent comment

recent trackback

すいかエンタ!について。

記事にはネタバレを含むものもありますので、未見の作品や各スポーツなどについて、先に結果などを知りたくない方はご注意ください。

当ブログの運営はSuika Cube Inc.が行っています。
■自由な発想でデジタルコンテンツをプロデュース | Suika Cube Inc.

アメリカン・クライム
An American Crime



1965年に米インディアナポリスで実際に起きた“アメリカ史上最も凶悪な犯罪「シルヴィア・ライケンス事件」を基に制作された本作。この残虐な少女虐待殺害事件の被害者シルヴィアをエレン・ペイジが演じている。

日本でも今年、同事件を扱ったジャック・ケッチャムの同名小説を映画化した「隣の家の少女」が公開されたが、どちらも本国での公開は2007年。両作とも内容はほとんど同じだが、映画の出来としては圧倒的にアメリカン・クライムが圧倒している。

本作のキャサリン・キーナー(犯人役)&エレン・ペイジ(被害役)は、「隣の家の少女」のブランチ・ベイカー(犯人役)&ブライス・オーファース(被害役)をはるかに上回る魅力的な演技を見せてくれる。ブランチ・ベイカーは脚本のせいで深みのある人物像を作りきれなかった感もあるが、ブライス・オーファースは長澤まさみ的なお嬢様演技から脱せず、感情移入が全くできない。こういうバイオレンススリラーでリアルな痛みを感じさせるには真の演技力が重要ということか。

というわけでエレン・ペイジだが、この悲惨極まりない作品の中でも華のある演技を披露している。儚く壊れていく自らの肉体と妹の身を案ずる深い愛情が入り混じる苦悩をよく表現していて、事件そのものに対する批判的視点だけではなく、別角度からの視点を作品の中に成立させている。こういう意図されている以上の付加価値を生み出せるのがエレン・ペイジの凄いところだ。

【以降ネタバレ】
ほんとにネタバレになるけど、逃げ切れたと思ったよ…、両親の働くサーカス小屋までたどり着いて介抱してもらって、はぁ〜よかったねーってさぁ…。実際の事件の顛末は、ガートルードを含む複数の加害者たちが逮捕され裁判にかけられたものの死刑になった者はなく、主犯のガートルードは18年間の服役のあと1985年に仮釈放されている。事件の詳細は→こちら

<Raiting>
内容が内容だけに誰にでも勧められる作品ではないが、これほど重い題材であってもそれに負けないエレン・ペイジの役者としての凄みが感じられる作品。


<Trailer>


あー
テーマ:DVDマニア
アメリカン・クライム(劇場未公開)@ぴあ映画生活

評価:
エレン・ペイジ,キャサリン・キーナー,ジェイムズ・フランコ,ブラッドリー・ウィットフォード,ヘイリー・マクファーランド,アリ・グレイノール,トミー・オヘイヴァー,メリッサ・ケント,ヘンリー・ウィンタースターン,ケイティ・ルーメル,クリスティーン・ヴァション,アイリーン・ターナー,バイロン・シャア,ネイサン・アモンドソン,ケヴィン・タレン,ジョセリン・ヘインズ
ビデオメーカー
¥ 3,980
(2008-12-26)

評価:
---
キングレコード
¥ 3,135
(2010-09-08)


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック